よくわかる!出産内祝いの基礎知識

LINE UP

トップページ > 出産内祝いについて > 出産内祝いを贈る際のマナーとは

出産内祝いを贈る際のマナーとは

赤ちゃんの誕生は大変おめでたいことであり、出産後には親戚や友人、同僚から出産祝いをもらうということも多いのではないでしょうか。
祝いを頂いた際には感謝の気持ちをこめて出産内祝いを贈るのは、当然のことです。
出産内祝いを贈ることはそう頻繁にあることではないので、いざ贈るとなればわからないことも多いのではないでしょうか。
マナーをしっかり守ることが大切になってきます。
まずはタイミングに気をつけましょう。
出産内祝いは、お祝いをいただいてから一ヶ月後までに贈るのが一般的です。
しかし出産後には、慣れない育児で大変なことや、ママの体調が思ったように回復しないこともありるので、多少遅れても問題はありません。
しかし事情があって遅くなったとしても、生後二ヶ月頃までには出産内祝いを贈るようにしておきましょう。


出産内祝いを贈る際に最も気をつけなくてはならない点とも言えるのが、金額です。
基本的には頂いた金額の半額から三分の一程度となっています。
しかし、高額なお祝いをいただいた場合には、相場通り半額から三分の一のお返しをすると、相手に気をつかわせてしまうことになるので気をつけましょう。
両親や親戚、目上の人から高価なものをいただいたときには、金額ではなく感謝の気持ちを込めた贈り物を選ぶことが重要になってきます。
出産祝いで頂いたお祝いの金額の三分の一以下の金額は、不満に感じる人がいるので気をつけなくてはなりません。
それとは反対に、頂いたお祝いの金額よりも高価なものを贈るのも、マナー違反です。
金銭面のことは、トラブルの元になりがちなので十分気をつけるようにしておきましょう。


いざ出産内祝いを贈るとなると、悩むのは品物選びではないでしょうか。
出産内祝いに贈ってはいけないというものは特にありませんが、現金や商品券は控えるようにしておきましょう。
それだけではなく地域によっては、昔ながらの慣習が残っていることもあるので、両親や義両親などに地域ごとの慣習を聞いておく必要もあります。
品物としてはタオル類や日持ちするお菓子などが定番であり、無難なので受け取った相手も困ることがありません。
近年では、受け取った相手が自由に好きなものを選べるカタログギフトも人気となっています。
品物を贈る際には、物だけを贈るのではなくメッセージカードやお礼状も添えるようにしておくと、より感謝の気持ちが伝わりやすいです。
品物だけでは失礼だと感じる人もいるので気をつけましょう。