よくわかる!出産内祝いの基礎知識

LINE UP

トップページ > 出産内祝いについて > 出産内祝いを贈る時期やマナーとは

出産内祝いを贈る時期やマナーとは

内祝いは本来は、内々の祝いや身内の祝いという意味で、お祝い事のあった人がその喜びを分かち合ったり、幸せのおすそ分けをするために、親しい人や身内へ贈り物をするという意味でした。
しかし現在はお返しという意味が強くなり、祝いをいただいた方へのお返しという意味で認識して置いて問題はありません。
出産祝いを贈ったことがあるという人でも、自分が出産をして内祝いを贈るということはそう多くはないので、いざ贈るとなればどんな品物が良いのかや金額などで悩むことになるのは当然のことといえます。
もちろん金額や品物選びは重要ですが、それだけではなく内祝いを贈るタイミングにも気をつけておかないと、マナー違反になってしまうことがあるので、内祝いを贈る時期には十分注意しておくようにしましょう。


内祝いを贈るタイミングとして、一般的には赤ちゃんの生後一ヵ月の頃に贈るものとなっています。
地域によって異なることもたるので気をつけなくてはなりませんが、基本的にはお宮参りの頃が目安ということを頭に置いておくようにしましょう。
遅くても生後二ヵ月頃までに贈るというのがマナーとなります。
しかし、なれない育児に手一杯だったり体調が思ったように回復しないなど、様々な理由から一般的な内祝いの時期を過ぎてしまった場合や体調が整わず贈るのが遅れてしまうということもあるのではないでしょうか。
その場合には、内祝いの品を贈る際にお詫びの言葉を添えたお礼状も一緒に送るようにしましょう。
もちろん、贈る前には連絡を入れて遅れたお詫びと贈るということも伝えておくのがマナーとなっています。


産後に内祝いの品物を選ぼうと考えている人も多いですが、実際には産後に選ぶのは困難なケースが多いです。
産後は何かと忙しくなることから、贈り物選びや贈り先の確認などの準備は出産前の時間に余裕がある時期にしておくと遅れることもなく安心できます。
遠方の人には、直接手渡しするのは困難ということになるのではないでしょうか。
基本的には内祝いは手渡しをするべきですが、出産内祝いは産後で子供も小さいことや、ママの体調もすぐれないことも多いので、ギフト専門店などを通して配送してもマナー違反にはなりません。
もちろん配送にする場合には、事前にお返しの品をお贈りすることを電話などで伝えておくようにし、祝いを頂いたことに対する感謝の気持ちを込めたお礼状やメッセージカードやも付けるようにしておきましょう。