よくわかる!出産内祝いの基礎知識

LINE UP

トップページ > 出産内祝いについて > 出産内祝いを贈るタイミングとは

出産内祝いを贈るタイミングとは

本来内祝いは、身内のお祝いごとの喜びを知らせたい人全員に配るというものであり、お祝いを頂いたから行うというものではありませんでした。
しかし近年では、祝いを頂いた人に対して感謝の気持ちを込めて贈る、お返しという感覚が一般的になっています。
しかしいざ出産内祝いを贈るとなれば、品物選びや金額を始めとし、わからないことが多くて悩むという人が大半ではないでしょうか。
出産内祝いは、金額や品物選びの前に贈るタイミングに気をつけておくことが必須となります。
出産後にはなれない育児に追われたり、体調が回復しないなど様々な事態が想定できるので、出産内祝いの品物は出産前にある程度目星をつけておいたり、事前に手配しておくようにすると、スムーズに感謝の気持ちを伝えることができるようになります。


出産祝いをもらったら、その場ですぐにお礼を伝えるようにしましょう。
出産祝いが宅配便で送られてきたというケースも珍しくはありません。
その際には、内祝いとは別にすぐにお礼状や電話で感謝の気持ちを伝える連絡をしましょう。
実際にお返しの品を贈る時期としては、出産祝いをいただいてから、一ヶ月ごろを目安にしておくのが基本となります。
あまりに遅いとなれば、相手が忘れてしまったり何のお礼かわからないということにもなりかねないので気をつけなくてはなりません。
出産後ということもあり、相手側も事情は把握してくれているので、少しくらい遅くなっても問題はありませんが、どんな遅くても出産祝いを頂いてから二ヶ月以内には贈るようにしておくのが、最低限のマナーと言えるのではないでしょうか。


遅くなるのがマナー違反だからといって、あまりに早く内祝いをするのも祝いを突き返されたという印象にとられてしまうこともあるので、気をつけましょう。
今の時代は、通信販売で簡単に相手の元に内祝いを届けてもらうことができるサービスも豊富になっていますが、だからと言ってすぐに手配しすぎるのは良くないということを頭に置いておかなくてはなりません。
しかし先方が喪中となれば話は別です。
先方が喪中という場合には、四十九日が過ぎて落ち着いた頃に内祝いを贈るのがマナーとなります。
内祝いとなれば、品物選びや金額のことで頭がいっぱいになってしまいがちですが、タイミングも重要視している人が多いので気をつけましょう。
特に目上の人や高齢の方に贈る際には、マナーに十分注意する必要があります。