よくわかる!出産内祝いの基礎知識

LINE UP

トップページ > 出産内祝いについて > 出産内祝いのマナーや品物選びについて

出産内祝いのマナーや品物選びについて

本来内祝いは内輪のお祝いを意味しており、何かおめでたいことがあった際に、その報告と挨拶、そして幸せのおすそ分けという意味で行うものであり、お祝いを頂いたかどうかには関係なく贈るものでした。
しかし現代では、お祝いを頂いたことに対してお返しをするというのが内祝いという認識で問題はありません。
内祝いには様々なパターンがありますが、その中の一つに出産内祝いがあります。
赤ちゃんの誕生は大変おめでたいことであり、それに対してお祝いをいただいた際には、きちんとお返しをするのは最低限のマナーとなります。
もちろんただ贈ればよいというものではなく、タイミングや金額、そして品物選びなど様々な点を考慮し、相手のことを考えた上で贈ることが重要になってくるということを頭に置いておきましょう。


内祝いでは現金や商品券を贈ることはマナー違反と考えている人も多いので、品物を選ぶようにしておくべきです。
その際には、相手の趣味や嗜好、そして家族構成やライフスタイルなど様々なことを考慮しなくてはなりません。
自分の趣味を押し付けるようなものを選んでも、迷惑になってしまうこともあるので気をつけましょう。
賞味期限の短い食べ物を送ったり、趣味の合わない小物や雑貨となれば処分もできず困らせてしまうことになります。
近年ではカタログギフトを贈るという人も増えており、相手が好きなものを選ぶことができるというメリットがありますが、カタログギフトにも種類があるので、相手の趣味やライフスタイルにあった商品が載っているカタログギフトを選ぶように気をつけておかなくてはなりません。


赤ちゃんが誕生したら、その喜びから赤ちゃんの名前入りの商品を贈りたいと思う人も多いのではないでしょうか。
しかし名入れ商品は、受け取った相手としては困る贈り物の一つとなるので避けておくべきです。
どうしても名入れのものを贈りたいという場合は、食品など消耗品で、名前を入れてもらうことができるものを選ぶようにしておきましょう。
名前入れたと同様に避けておくべきこととしては、赤ちゃんの写真を添えるということではないでしょうか。
赤ちゃんの写真をもらっても、受け取った相手は困ることになります。
名前入りの残るものや、写真を贈るのは両親など本当に親しい間柄の人のみにしておくべきです。
内祝いは、頂いた金額よりも高額なお返しにならないように気をつけて品物を選ぶようにしておきましょう。