よくわかる!出産内祝いの基礎知識

LINE UP

トップページ > 出産内祝いについて > 出産内祝いにはどんなマナーがあるの

出産内祝いにはどんなマナーがあるの

赤ちゃんの誕生に、いろいろな方から贈り物をいただくのはとても嬉しいことですよね。
そのお返しとして出産内祝いを贈るという人も多いでしょう。
でも実際には、身内にお祝いすることがあり、その喜びを周りのお世話になっている方々へもお裾分けするというのが内祝いの考え方。
だから、ギフトをいただいている・いないに関わらず、喜びの気持ちをお贈りしても良いものなのです。
ただ贈る以上は、相手も喜んでくれるものを贈るのがマナー。
実は中にはもらっても困ってしまうギフトもあると言われていますから、浮かれ過ぎてかえって有難迷惑にならないように気を付けたいですね。
また、贈る時には気持ちをしっかり添えるのも大事なこと。
挨拶もカードも無しに品物だけ送り付けられて、ちょっとカチンと来てしまったという意見も多いんですよ。


正直なところ、赤ちゃんが生まれたわけですから、出産と赤ちゃんのお世話に振り回されているお母さんは、もうへとへとです。
人生の一大事をいっぺんにこなしている時に、周りにまで気を配っていられないというのも本音でしょう。
ただ、他の人へは失礼のないようにしないといけませんし、大人なのですから体裁は整えなければいけません。
挨拶状もなく品物だけを送ったり、のしや包装も付けなかったり、親や親せきから送ってもらったりするのはちょといただけませんね。
また、非常に多いのが品物の価格に関すること。
いただいたお祝いよりも高いものを贈ってもNG、お祝いよりあまりにも安いものを贈ってもNGという微妙なバランスがあります。
相場はいただいたお祝いの3分の1を下回らないように、半額くらいに抑えるのが無難です。
贈るタイミングも大切で、忘れた頃に届くとかなり心象が悪いようです。


贈られた相手が正直もらって困ったという品物についても知っておきましょう。
とあるアンケートでは、要らない贈り物第1位は、趣味に合わない雑貨やインテリア、第2位が嫌いな食べ物、賞味期限が短い食べ物です。
ずっと手元に残るような品物は、よほど趣味を把握していても選ぶのは難しいので避けるのが無難です。
食べ物は消え物ですが、あまり偏ったものや生ものはかえって迷惑ですね。
自分の趣味嗜好を押し付けない、例え内祝いでも、贈る物は相手のためのものということを忘れないことが大切。
赤ちゃんの名入れにしたいなら、名前を入れるのはパッケージだけにして、品物には入れない配慮が大事ですね。
結局無難なのはカタログギフトかもしれません。
何にでも化けてくれるものは誰からも喜ばれますからね。