クレジットカードの利点と注意点

買い物に行った時に、現金を持ち合わせていなかった経験のある方は多いですよね。そういった時、クレジットカードがあるととても便利です。カード一枚で支払いが完了しますので、沢山の現金を持ち歩く必要がなくなります。重たい小銭をジャラジャラと財布の中に入れておくのは何かと大変ですので、カードならそのような面倒な小銭の管理も必要がなくなります。しかし、カード一枚で支払いが出来てしまう便利な面もありますが、紛失した時などに大変になりますので注意が必要です。必ず財布に入れるなどして、そのままでは持ち歩かない事がまず大切です。それは紛失や盗難の恐れがあるからです。そして、カード一枚で何でも出来るというわけではなく、使える額には限りがあるという事も認識しておく事がとても重要です。便利さの方が圧倒的に大きいクレジットカードですが、使い方や管理の方法もしっかりと認識して使う事が重要です。

クレジットカードを上手に利用しましょう。

買い物の際に大変便利なクレジットカードですが、一体どのくらいお持ちでしょうか。近年では様々な種類のクレジットカードが出ておりそれぞれのカードに沢山のメリットがついています。クレジットカードを持つ際の選び方として、自分の生活スタイルを把握するとカードを選びやすくなります。まず飛行機に沢山搭乗する方であれば、マイルがたまるタイプのカードが非常に役にたつでしょう。車をよく使用する方でしたら、ガソリン代が値引きになるタイプのカードやETC機能も搭載されているものなどがお勧めです。他にはインターネットでの買い物を楽しみたいのであればインターネットでの買い物に有利なポイントがたまるものをお勧めします。自分の生活スタイルに応じて、一番メリットになるサービスを見極めてからカード会社を選ぶと失敗せずにカードを選ぶことが出来ます。

クレジットカード作成の流れ

窓口、郵送、インターネットなどで申込書に必要事項を漏れなく記入します。虚偽の申告のないように本当の事だけを記入しましょう。次にカード会社による審査がおこなわれます。具体的な審査内容は分かりませんが、職業や家族構成、収入、過去のクレジットカード及び無担保ローンの返済状況、持ち家の有無などを含めた総合的なもので判断されます。また、所属会社に確認の電話がはいる事もあります。こうして無事に審査に通ると、書留などでカードが送られてきます。クレジットカードが届いた時に、カードを受け取るには本人確認のため身分証明書を提示しなければなりません。基本的には運転免許証で大丈夫ですが、免許を持っていない方の場合はパスポート、健康保険証のコピー、発行日より6ヶ月以内の住民票の写しで代用出来る事が多いです。もし、書類の記載住所と現住所が異なる場合は救済措置として、公共料金の領収証書、社会保険料の領収証書、国税、地方税の領収証書又は納税証明書のコピーを添付するとカードを受け取れます。